お客様の声

感動の文字入れ

2014年07月10日

台風が心配されましたが、リングの文字入れ無事終了しました。

約1時間半、力加減や文字の形で気をつけること等を練習していただきますが、本番ではそれらを忘れてもらいます。

「想いの言葉」を相手のリングに入れるこの文字入れは、文字を上手く入れることが目的ではありません。
「想いの言葉」で心を一杯にして彫り込むことが一番大切なことです。

今回、文字入れが終わった後、彼女が泣き出してしまいました。
「彼のことをこんなに思っていたなんて、自分の心にいま気がついた」と。

お疲れさまでした。感動をありがとうございます。